アメリカ人気ドラマランキング、『NCIS』ファミリーの新シーズンで明暗分かれる

写真拡大

全米視聴率ランキングのトップ10(ニールセン調べ)が発表された。11月2日(月)からの週の順位は以下の通り。

1.『NBC SUNDAY NIGHT FOOTBALL』(NBC)
2.『60 MINUTES』(CBS)
3.『FOX+NFLN THU NT FOOTBALL』(FOX)
4.『SUNDAY NIGHT NFL PRE-KICK』(NBC)
5.『FOX NFL SUNDAY-PST GN-NAT』(FOX)
6.『FOOTBALL NT AMERICA PT 3』(NBC)
7.『FOX+NFLN THU NT PRE-KICK』(FOX)
8.『ザ・ヴォイス(月曜)』(NBC)
9.『ヤング・シェルドン』(CBS)
10.『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』(CBS)

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で新シーズン開始が例年から大きくズレ込む中、米CBSの人気ドラマもようやくこの週より徐々に放送がスタートしている。しかし、その滑り出しは明暗が分かれた。

5日(木)に始まった3本のうち、トップ10に入ったのは『ヤング・シェルドン』シーズン4のみ。新作の『B Positive(原題)』と『Mom(原題)』シーズン8は圏外となった。2本ともチャック・ロリー(『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』)のコメディドラマだが、前者は新作であること、後者は9月に飛び込んできた主役の降板ニュースが影響したのかもしれない。

8日(日)は『NCIS』シリーズのうち、『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』シーズン12と『NCIS:ニューオーリンズ』シーズン7の2本が新シーズン幕開けとなった一方、その後に放送された『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』は、シーズン18開始は17日(火)のため、この日はシーズン17の再放送だった。その結果、視聴者数635万人の『~LA』は10位に滑り込むも、同465万人の『~ニューオーリンズ』は圏外。長引く大統領選を受けて同じくCBSで8日に放送された『60 MINUTES』が1402万人もの視聴者を惹きつけたことを考えると、寂しいスタートとなってしまった。

今後は翌週に『S.W.A.T.』シーズン4(11日)、翌々週には『BULL/ブル 法廷を操る男』シーズン5(16日)、『NCIS』本家シーズン18と『FBI:特別捜査班』シーズン3(17日)がスタートするので、これからはより多くのドラマがランクインしてくれるだろう。なお、前週9位に入った『THIS IS US』シーズン5はこの週はお休みだった。(海外ドラマNAVI)

Photo:

『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』
© 2019 CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved.
『NCIS:ニューオーリンズ』
© MMXX CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.