2020-09-17 13:00:00
長編監督デビュー作「ブックスマート卒業前夜のパーティーデビュー」で絶賛を浴びたオリビア・ワイルド監督の最新作「Don't Worry Darling(原題)」からシャイア・ラブーフが降板し、ハリー・スタイルズが代役を務めることが明らかになった。米Deadlineが独占で報じている。同作は、1950年代の米カリフォルニアを舞台に、世間から隔絶されたユートピア的コミュニティに暮らす専業主婦の平穏な日常が徐々に崩壊していくさまを、 #TimesUp運動の視点で描く心理スリラーだ。ラブ 全文映画.com 09月17日13時00分