2020-08-01 08:00:00
エレン・デジェネレスが司会を務める米人気長寿トーク番組「エレンの部屋」の制作現場で問題が相次ぎ、内部調査の末に制作総指揮のひとりが解雇されたことが明らかになった。これを受け、デジェネレスはスタッフに対して謝罪の手紙を送ったと、米ハリウッド・レポーターが報じている。発端は4月、バラエティが新型コロナウイルス感染拡大によるロックダウン期間中に、番組スタッフが不当な扱いを受けていると報じたことだ。それに続き、7月には米Buzzfeedが、同番組の制作現場で人 全文映画.com 08月01日08時00分