2019-09-11 18:32:32
子どもが授かるということは、欲しくても必ずという保証はありません。国立社会保障・人口問題研究所の調査によれば、子どものいない夫婦の55.2%が不妊を心配し、不妊の検査や治療を受けたことがある、または現在受けている夫婦は全体で18.2%、子どものいない夫婦では28.2%。つまり6組に1組の夫婦が治療をしているのです。 さらに、女性には仕事との両立という問題もあります。現在不妊治療に挑む夫婦のアンケー