2020-09-17 15:31:46
水城せとなのコミックを関ジャニ∞の大倉忠義主演で映画化した『窮鼠はチーズの夢を見る』(公開中)が、女性客を中心に好調な滑り出しを見せている。本作は、「失恋ショコラティエ」などで知られる水城せとなのコミック「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」を、『ナラタージュ』『劇場』などの行定勲監督が映画化。優柔不断な性格から不倫を繰り返してきた主人公・恭一(大倉)が、久しぶりに会った同性の後輩・今ヶ瀬渉(成田凌)から告白され、翻弄(ほんろう) 全文シネマトゥデイ 09月17日15時31分