2020-11-22 07:10:00
映画『十二単衣を着た悪魔』で、3度目の監督挑戦を果たした女優の黒木瞳。内館牧子の原作小説で描かれるヒロインの「品性のある凛とした生きざま」をどうしても映像化したかったという黒木が、本作に懸けた並々ならぬ思いとともに、リスクを背負ってでも監督業に挑み続ける経緯を明かした。本作は、映画『プラダを着た悪魔』(2006)からヒントを得た内館の長編小説「十二単衣を着た悪魔源氏物語異聞」を映画化したファンタジードラマ。フリーターのダメ男・伊藤雷(伊藤健太郎 全文シネマトゥデイ 11月22日07時10分