2020-05-23 08:15:00
NHK連続テレビ小説「エール」(月~土、総合・午前8時~ほか)が5月25日から9週目を迎える(以下、今後のあらすじに触れています)。「エール」は、作曲家の古山裕一(窪田正孝)と妻の音(二階堂ふみ)を主人公に、昭和の激動の時代を音楽とともに生きた夫婦の姿が描かれる。5月25日からは第9週「東京恋物語」に突入する。早稲田の応援歌「紺碧の空」の作曲を完成させ、少し自信を取り戻した裕一。福島で記者をしている鉄男(中村蒼)を呼び出す。久志(山崎育三郎)もやってき 全文シネマトゥデイ 05月23日08時15分