2020-09-17 07:01:00
女優の水川あさみ(37)が公開中の映画『喜劇愛妻物語』で、濱田岳ふんする夫に罵声を浴びせながら、家計や子育てを支える鬼嫁を熱演している。本作は『百円の恋』(2014)で日本アカデミー賞最優秀脚本賞に輝いた脚本家・足立紳が、自らの自伝的小説を映画化した監督2作目。シナリオ用の取材のため、四国に旅行することになった、売れない脚本家の豪太(濱田)と、その妻チカ(水川)の姿を描いたロードコメディーだ。水川が演じるチカは、いつまでたっても売れる様子がなく 全文シネマトゥデイ 09月17日07時01分